topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着色料でアレルギー - 2012.05.17 Thu

「アレルギー:着色料「コチニール」で発症の恐れ…消費者庁」
http://mainichi.jp/select/news/20120516k0000m040050000c.html

毎日新聞2012年5月15日の記事です。

やっと公のメディアにも取り上げられたか、といった感じです。

今現在のところ食品に添加されている化学物質はもちろん「問題ない」ということで使用されていますが、何も無いわけないですよね・・・。

少なくとも自然のもの以外の物質を体内で処理することが難しいのに、いつでも「○○くらいの量は食べても大丈夫です」なんてTVでも言われてしまう。

以下:記事転載
________________________________________________

 加工食品や飲料、化粧品などに広く使われている着色料「コチニール」の摂取で、呼吸困難などの急性アレルギー反応が起きる可能性があるとして、消費者庁が注意を呼びかけている。同庁が食品添加物のアレルギー発症で注意を喚起するのは初めて。厚生労働省もコチニール入り製品を扱う全国の事業者に、発症事例があれば報告するよう通知した。

 コチニールは、中南米などに生息するエンジムシが原料の赤色の着色料。

エンジムシ

食品衛生法で食品添加物として認められている。飲料や菓子、医薬品、口紅などに広く利用されている。今年4月、国内の病院から同庁に、コチニール入り飲料で急性アレルギー反応を起こした患者の報告があった。

 過去にもコチニール摂取による急性全身性アレルギー反応「アナフィラキシー」が報告されていたことから、注意喚起に踏み切った。 ←こういった発表は初めてとのこと

 独協医科大越谷病院の片桐一元(かずもと)教授は「精製過程で混じる不純物の中のたんぱく質が、アレルギー反応を引き起こすと言われている。今回の注意喚起で、医療現場ではコチニールが原因物質かどうか疑いやすくなるだろう」と話している。
_________________________________________________

このコチニールは別名で表記されている場合もあります

■ カルミン酸色素、カルミン酸

とにかくありとあらゆる加工品に添加されていますので、特にお子様にお菓子などを与える場合は気をつけてください。

1個なら少量でも数を重ねれば大変な量になります。

「アナフィラキシーショック」といったら大変な症状なんですけどね。

なんでも以前から複数件、このような事故が報告されているようです。

「安全性の高い」着色料として謳っているため、この着色料を使用している企業では隠したりすることもあるようです。


便利ですけど、やはり加工品には限度がありますね

『5月の茶話会』様子 «  | BLOG TOP |  » 『はじめてのマクロビオティック』講習会

プロフィール

お雅さん

Author:お雅さん
60代のおばちゃんマクロビアン
千葉県印西市の小さなMacrobiotic study spaceからマクロ:穀菜食の日々をお伝えしています。

オーガニックベース2期修了
雑穀エキスパート

娘のアレルギーが食事改善で快癒
日々の食事の重要性をお伝えする為、定期的に講習会・茶話会を開催中

Heliostera

ことばのひろば


presented by 地球の名言

カテゴリ

『ダイコンのひげ』食材販売 (1)
『試食カフェ』 (2)
茶話会のお知らせ (21)
茶話会の様子 (14)
講習会のお知らせ (11)
講習会の様子 (13)
『Naturally Japan』癒しのセラピー (1)
日々のマクロ (13)
日々の出来事 (84)
ご紹介 (25)
雑穀 (3)
食べ物 (3)
企画 (13)
料理教室ご紹介 (4)
お問い合わせ (2)
未分類 (12)
本 (2)
講座:はじめてのマクロ (1)
講座:九星気学講座 (2)
講座:PMS(月経前症候群) (1)
講座:ご感想 (1)
講座:セルフプロデュース (6)
講座:簡単マクロ(料理) (1)
講座:陰陽五行講座 (2)
講座:お手当て (1)
レシピ:夏野菜 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

新管理メニュー

WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。